我々は、捨てたことを忘れていった避難民族を許さないし、

我々は、勇気なく諦めているだけの思考停止を許さないし、

我々は、金と薬に溺れて靴を舐める裏切り者を許さないし、

我々は、ここを支配している屑共の廃頽主義を許さないのだ。


ここは楽園とは程遠く、今更気付いてももう遅かった。

血の気の多さと、剥き出しの野心と、意地汚い損得勘定。

空が見えない地下の獄。

……だけどそんなのは嫌だった。


そんな大したことをやりたいわけじゃない。

最低でも一撃喰らわせたいだけだ。

誰かが笑う。

獣のような、少年のような、悪魔のような、太陽のような、

力強い笑みだった。


地中深くより、これが咆哮(RoaR)。


命を捨てるつもりでなければ、命を守ることさえ出来ない。

まだ記事がありません。