ストーリー

【ユーラシアシェルター】

 地球温暖化による海面上昇はもうずっと前から議論されていた環境問題の一つだった。

 科学者の嘘だと笑われていた説が現実となり、人類が慌て始めた時にはもういくつかの島国は消えてしまっていて、対策としてユーラシアシェルターと呼ばれるプロジェクトが完成したのは更に陸地の半分を失った頃である。沈みゆく文明は捨てられ、人々はシェルターに避難し、世界は一つになったと言う。

 ……しかしそれは、避難が出来た者の歴史であって、出来なかった者の歴史ではない。決して沈没の中に捨て置かれて不必要の烙印を押された者の歴史ではない。

 ユーラシアシェルターが今どうなっているのか誰も知らないし、知ろうとも思わないし。ただ誰もがそこに住む人々を避難民族と呼び、心の底から嫌っている。

【ジオフロント・ハデス】

 シェルターに避難できたのは人類の30%ではないかと言われている。残りの人類はシェルターに入ることが出来ず、水没に怯えながら都市に捨てられたようなもので、彼らは今まで培ってきた技術を使えるだけ使い水平線の下に地層型都市を作ることに決めた。

 その中でも最も巨大を誇ったのが、アメリカ大陸の下に完成したハデスだった。第七階層までを機能させ、ハイテクノロジーで住みやすいと評判になったこの都市に、多くの人々が身を寄せた。

 民衆のほとんどがトラウマを抱えた手負いの獣だったことは、誰も気に留めなかった。それほど全員が追い込まれていたのだから。やがて力のある者は資産を独占し、不器用な者は貧困で荒み、隣人にいつ足元を掬われるかに脅え、隙有らば仲間を裏切って一瞬の安寧を求める。人々は疑心暗鬼に囚われ、都市は崩壊の一途を辿って行った。

【大抗争】

 始まりは本当に些細なことだった。富豪と貧民の間で諍いが起き、それが大きくなって確執と報復の応酬が重なっていった結果、都市全体でいくつもの暴動が起きるようになった。地底歴30X年、後に"大抗争"と呼ばれる事件である。

 これによって人々はさらに心に傷を負い、ますます人間関係の溝は深まった。当時の状況は想像を絶する。都市のトップだった大物は次々に殺され、法を守る人間がいなくなると非常に限定された地区で独自のルールが運用され始めた。縄張り争いで負ければ人権はなくなり、即座に殺されるか死ぬまでこき使われる。この文化が孤児と奴隷を生んだ。その他、武器の生産が栄え今ではお手軽に武装が出来るようになっている。

 "大抗争"は30年ほど続き、あらゆる爪痕を残して終息した。

【ローズブレイド家】

 ローズブレイドを名乗る集団が現れたのは大抗争の終盤だった。常に柔和な態度と豊富な資金で、最初こそ妬みから警戒されていたが、献身的な医術と傷に寄り添うカウンセリングでたちまち信頼を得て信頼を得ると、最も恐れられていたリーダーたちを集めて行われた"終息会議"を取り纏めて満場一致で都市の政治を任されることになった。

 ところが平穏も束の間、僅か3年ほどで人間市場との癒着、悪徳業者との繋がり、麻薬流通の元締め、人体実験などの黒い噂が流れ始め、ついに末端の人間が現場を取り押さえられて彼らの闇の本性が暴かれた。

 人々は謝罪と改心を要求するを求めるデモ"誠実の要求"を起こすが、これに対して当時の市長セス・ローズブレイドは悪意ある表明と政府特殊構成軍によるデモ隊の大虐殺、そして関係者全員の自爆テロで第二階層を壊滅させて返答。彼らがどうしようもなく利己的で、目的の為に手段を択ばず、腹の内を隠すのが巧かったことを、誰もが知った。

【革命児】

 民衆はあの日、沈黙を選んだ。あんな奴らを支持したことを後悔しながら、無力感に苛まれ、死に際が苦しくないことだけを祈った。しかしそうではない者たちがいたのである。

 彼らは自らを革命児と名乗り、ローズブレイド家の痛手になりそうなことならなんでも引き受けた。反勢力的なその活動からギャングと蔑まれ、大勢が独裁者の策略で命を散らしていったが、徐々に優秀なチームが頭角を現し始めると爆発的に勢いを増し、大抗争から二十数年で第三階層を牛耳るようになる。

 今や革命児はローズブレイド家に対抗できるジョーカーである。顰蹙を買い、真先に始末されることもあるが、憧れる者も沢山いる。ハイリスク・ハイリターンなアウトローたち、それが革命児だ。